QUESTIONS質問主意書

第177回国会 「東京電力福島第一原発三号機の安全対策に関する質問主意書」(2011年6月8日) | 社民党 福島みずほ 参議院議員(比例区)

質問主意書

質問第一九一号

東京電力福島第一原発三号機の安全対策に関する質問主意書

右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。

  平成二十三年六月八日

福島 みずほ   

       参議院議長 西岡 武夫 殿

   東京電力福島第一原発三号機の安全対策に関する質問主意書

 本年三月十一日に発生した東日本大震災による大津波を受け、東京電力福島第一原発の原子炉建屋に甚大な被害が発生してから三か月が経つが、今もってメルトダウンや放射性物質の流失などについて収束の目処が立っていない状況にある。

 その中で、東京電力福島第一原発三号機(以下単に「三号機」という。)においては、他の原子炉と違い、いわゆるMOX燃料が使用されていた。この燃料にはプルトニウムが使用されており、その人体、環境に及ぼす影響は他の核燃料と区別して考える必要があると思われるので、以下質問する。

一 MOX燃料三十二体は一九九九年九月二十七日に東京電力福島第一原発に到着し、それ以来、同発電所内に貯蔵され、昨年九月二十七日から当該MOX燃料を使用した定格出力運転を開始した。三号機で使用されていたMOX燃料の燃料製造時点での組成成分及び使用開始時の組成成分の詳細を示されたい。

二 三号機で使用されているMOX燃料を製造したメーカーはどこか、具体的に示されたい。

三 MOX燃料を使用している原子炉は、日本全国の原発のうちどこの何号機か示されたい。

四 東京電力福島第一原発の敷地内で土壌中の放射性物質の検査が行われている。これまで、プルトニウムが検出された、あるいは一・七キロメートルの地点でニオブが検出されたとの報道がある。沸点の高いニオブが検出されたことは、他の多くの核種が漏出していることを推察させる。

 東京電力が公表した敷地内で検出された核種のデータはほんの一部でしかない。敷地内で検出された核分裂生成物及びアメリシウムやプルトニウムなどの超ウラン元素を含めた全ての核種の分析データを示されたい。

五 MOX燃料から漏出した放射性物質に対応するため、他の核燃料から漏出している放射性物質とは別の対策、例えば、作業員の防護服、飛散防止のための方法、内部被曝した際の治療方法などについて、特別な方法・手段を取る必要があれば、それはどのような対策か明示されたい。また、特別な対策を取るのはどのような理由からか、説明されたい。

六 プルトニウムが含まれるMOX燃料について、他の核燃料と比較して特段の危険性はあるのか、あるとすればその理由は何か。もし、特段の危険性はないとするなら、その理由も明示されたい。

七 プルトニウムが含まれるMOX燃料はウラン燃料に比べて融点が低いが、今回の三号機の爆発に融点の低さは関係したと考えられるか。もし、関係していないとするなら、その理由も明示されたい。

八 プルトニウムが含まれるMOX燃料は、様々な研究から危険が高いとされており、直ちにMOX燃料の使用を全国の原発で中止するべきと考えるが、いかがか。

  右質問する。

答弁書

答弁書第一九一号

内閣参質一七七第一九一号

  平成二十三年六月十七日

内閣総理大臣 菅 直人   

       参議院議長 西岡 武夫 殿

参議院議員福島みずほ君提出東京電力福島第一原発三号機の安全対策に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

   参議院議員福島みずほ君提出東京電力福島第一原発三号機の安全対策に関する質問に対する答弁書

一について

 MOX燃料の組成成分の詳細については、営業秘密に関するものであるため、お示しできない。

二について

 ベルゴニュークリア社及びエフビーエフシーインターナショナル社である。

三について

 MOX燃料を使用している原子炉は、九州電力株式会社玄海原子力発電所三号炉、四国電力株式会社伊方発電所三号炉、東京電力株式会社福島第一原子力発電所三号炉及び関西電力株式会社高浜発電所三号炉である。

四について

 東京電力株式会社福島第一原子力発電所(以下「福島第一原子力発電所」という。)敷地内の土壌中において検出された核種の分析結果については、同社のホームページにおいて、分析結果が得られたものから順次公開され、経済産業省原子力安全・保安院も報告を受けている。なお、同社のホームページの中では、核分裂生成物並びにアメリシウム及びプルトニウム等の超ウラン元素に係る核種の分析結果についても公開されている。

五について

 お尋ねの「他の核燃料」の意味するところが必ずしも明かではないが、原子炉で使用されているウラン燃料から核分裂により生成される放射性物質とMOX燃料から核分裂により生成される放射性物質に大きな相違はなく、MOX燃料が破損し、放射性物質が漏出した場合における「特別な対策」を講じる必要はないと考えている。

六について

 お尋ねの「他の核燃料」の意味するところが必ずしも明かではないが、MOX燃料に使用されるプルトニウムは、ウラン燃料に使用されるウランと同様に沸点が高いため、燃料が溶融しても環境に放出されにくいものであること、ウラン燃料から核分裂により生成される放射性物質とMOX燃料から核分裂により生成される放射性物質に大きな相違はないことから、MOX燃料がウラン燃料と比較して、特段の危険性を有するものではないと考える。

七について

 お尋ねの「三号機の爆発」とは平成二十三年三月十四日に発生した福島第一原子力発電所第三号機の爆発と考えられるが、当該爆発が起きた原因については、現場確認に制約があるため確かなことは不明である。現時点においては、原子炉で燃料被覆管に含まれるジルコニウムと水蒸気が反応して発生した水素が原子炉建屋に滞留し、爆発につながった可能性があると考えている。なお、MOX燃料が融点に達して溶け出すこと自体が当該爆発に関係しているとは考えていない。

八について

 MOX燃料については、所要の安全審査及び検査を経ているため、その燃料を使用することは安全上問題がないと考えている。

 なお、六についてで述べたとおり、MOX燃料は、ウラン燃料と比較して、特段の危険性を有するものではないと考える。

MENU