QUESTIONS質問主意書

第183回国会 「一九四五年三月十日の東京大空襲に対する政府の認識に関する質問主意書」(2013年4月24日)

質問主意書

質問第八四号

一九四五年三月十日の東京大空襲に対する政府の認識に関する質問主意書

右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。

  平成二十五年四月二十四日

福島 みずほ   

       参議院議長 平田 健二 殿

   一九四五年三月十日の東京大空襲に対する政府の認識に関する質問主意書

一 東京大空襲について、当時の重光外相が「今日、諸国間で合意されている国際法と人道の原則に対するもっとも深刻かつ重大な違反」との主旨の抗議を米国政府に一九四五年三月二十二日に行ったとの報道が、朝日新聞(二〇〇八年三月十日)に掲載されている。このように、当時の外相が抗議を行ったとのことだが、それはどのような内容の抗議文か、また、どのような方法・形式で抗議が米国政府に届けられたのか、などについて当時の具体的な情報を明らかにされたい。

二 重光外相が行った抗議について、当時の政府はその発信行為及び内容を承認していたのか。

三 当時の米国政府は、どのような回答、対応をしたのか明らかにされたい。

四 安倍内閣は、東京大空襲について、国際法に違反する行為との認識を持っているのか。また、当時の重光外相の抗議についてどのような認識を持っているのか。

  右質問する。

答弁書

答弁書第八四号

内閣参質一八三第八四号

  平成二十五年五月七日

内閣総理大臣 安 倍 晋 三   

       参議院議長 平 田 健 二 殿

参議院議員福島みずほ君提出一九四五年三月十日の東京大空襲に対する政府の認識に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

   参議院議員福島みずほ君提出一九四五年三月十日の東京大空襲に対する政府の認識に関する質問に対する答弁書

一及び二について

 外務省において保存されている文書において確認した範囲では、昭和二十年三月二十二日、我が国政府として、米国政府に対し、御指摘の東京大空襲等について非難し、抗議することとした。この抗議(以下「本件抗議」という。)は、スイスを通じて米国に伝えられたものと承知している。

三について

 本件抗議への米国政府の回答及び対応については、政府として承知していない。

四について

 政府としては、当時の状況については様々な見方があり、御指摘の東京大空襲は、当時の国際法に違反して行われたとは言い切れないが、国際法の根底にある基本思想の一たる人道主義に合致しないものであったと考える。また、本件抗議に関する認識のような歴史的な事象に関する評価については、一般的に、専門家等により議論されるべきものと考えていることから、本件抗議に関する認識については、お答えを差し控えたい。

MENU