PROFILEプロフィール

PROFILE 01プロフィール

社会民主党副党首。参議院議員。東京大学卒業後、弁護士として選択的夫婦別姓、婚外子差別などに取り組む。1998年初当選。2009年には内閣府特命担当大臣として男女共同参画・自殺防止・少子化対策などを担当し、DV被害者支援や児童虐待防止、貧困対策、労働者派遣法改正に取り組む。2010年、辺野古への新基地移設の閣議決定の署名を拒否し、大臣を罷免される。現在は沖縄の新基地建設阻止、戦争法案の廃止を含め、環境・人権・女性・平和を4本柱に据えて幅広く活動中。

  • 日本弁護士連合会の両性の平等に関する委員会委員
  • 学習院女子大学客員教授
  • 川崎市男女平等推進協議会会東京都労政部民間相談員
  • 東京都エイズ専門家会議委員
  • アジアからの出稼ぎ女性の緊急避難所「女性の家HELP」の協力弁護士
  • 日本弁護士連合会の両性の平等に関する委員会委員
  • 非正規雇用対策議連幹事長
  • 犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟事務局長

誕生日

1955年12月24日

好きな言葉

明日の天気は変えられないが、明日の政治は変えられる。

趣味

  • 映画鑑賞「風の谷のナウシカ」「ショーシャンクの空に」
  • 旅行 など
福島みずほの政策を見る

PROFILE 02略歴

1955年12月宮崎県生まれ
1968年03月日南市飫肥小学校卒業
1971年03月宮崎市宮崎大学付属中学校卒業
1974年03月宮崎県立大宮高校卒業
1974年04月東京大学法学部入学
1980年03月東京大学法学部卒業
1987年弁護士登録、第二東京弁護士会所属
1998年07月社民党から参議院比例第一位で当選
2001年10月社民党幹事長に就任
2003年11月社民党党首に就任(社民党神奈川連合代表を兼任)
2004年07月参議院比例区にて再選
2009年09月内閣府特命担当大臣に就任(少子化・消費者・男女共同参画・食品安全担当)
2010年07月参議院比例区にて再選(現在三期目)
2013年07月社民党党首を辞任

PROFILE 03紹介動画


福島みずほ INTV 2016 第一回「弁護士になった理由」

福島みずほ INTV 2016 第二回「国会議員になった理由」

福島みずほ INTV 2016 第三回「社会主義について1」

福島みずほ INTV 2016 第四回「社会主義について2」

PROFILE 04近年の著作

「意地悪」化する日本

内田樹(思想家・神戸女学院大学名誉教授・武道家・多田塾甲南合気会師範)
福島みずほ(参議院議員・社民党党首)

思想家と政治家が真剣に語り合ったとき、現代日本を読み解くキーワード、「意地悪」が浮上した。今、戦後レジームのど真ん中に鎮座する権力者が架空のルサンチマンをまき散らし、それに人びとが共振して社会全体の「意地悪」化が進んでいる。こんな日本のままでいいのか? 政治、経済から学問、家族のあり方までを縦横に論じ、私たちの進むべき道を考える。「BOOK」データベースより。(岩波書店/定価:1,600円+税金)

詳しく見る

戦争を通すな!

鈴木 邦男 著・福島 みずほ 著

"NO PASARAN!―奴らを通すな!" ファシズムの台頭に対抗して、スペインの市民は、この言葉をスローガンに立ち上がった。平和という名の戦争を、絶対に許してはならないと、右翼・左翼の両翼が、いま手をつなぎ立ち上がる。アメリカ移民で特攻隊の父を持つ福島みずほさんと、「生長の家」の教えに育った鈴木邦男さんが、「戦争はいやだ」の1点で交錯する。七つ森書館より。(七つ森書館/定価:1,500円+税)

詳しく見る

脱原発を実現する 政治と司法を変える意志

海渡雄一(弁護士)
福島みずほ(参議院議員・社民党党首)

30年間、脱原発のために闘い続けてきた二人が、弁護士・政治家としての活動を振り返るとともに、福島第一原発の事故原因を徹底的に解明し、被害者の法的救済策を提示。さらに、脱原発実現のための課題をつぶさに検証し、立法による政策の明確化を提起する。「BOOK」データベースより。(明石書店/定価:1,900円+税金)

詳しく見る
他の著作を見る
MENU