ACTIVITY BLOG活動ブログ

新たな在留資格による受入れ・人材不足の見込み数

法務省が出入国管理及び難民認定法の改正が必要とする根拠として、新たな在留資格による受入れ・人材不足の見込み数を発表しました。

そのうち、介護職は6万人としていますが内訳について、社会福祉士がどの程度必要なのかなど明らかにされていません。

単なる労働力として外国人を入れるのではなく、日本で共に生活する人として、共生社会の視点が必要です。

MENU